われ思う

大人の社会でいじめがなくならないから子どもの社会でもいじめがなくならないんだ

どうも。みやまです。

 

学校でのいじめのニュースって無くならないですね。

 

夏休み明けの9月1日はいじめが原因で自殺をする子どもの人数が
突出して多いとYahoo!ニュースや何かの記事で見たことがあります。

 

仙台でもいじめで自殺というニュースが続いた時期がありました。

 

子どもが追い詰められて悩みに悩んで死に至るというのはあってはならないことです。

死を選択するほどに追いつめられるなんて。

 

どんなに苦しかったかというのは想像を絶します。

 

 

大人の社会のいじめが子どものいじめを助長している

ぼくは何度もの転職を通して…

ポジティブな表現するならばいろいろな職場を経験してきたといえます!

 

 

いろいろな職場を経験をしてきたぼくが思うことは

子どもは大人のやっていることを見て育つ

ということです。

 

 

つまり大人の社会で起こっていることが

子どもの社会にも大きな影響を与えているということです。

 

 

社会に出てからいじめを経験したり
いじめの現場を目撃したことはありますか?

 

 

言うまでもないかもしれませんが大人の社会にも間違いなくいじめがあります。

 

 

なぜ大人の社会のいじめが子どもに影響を与えるのか?

働くお父さんたちを見て思うこと

派遣社員という立場であっても

子どもをもつ「お父さん」の同僚と出会うことも珍しくはありません。

 

働く理由や働きかたも人それぞれで「お父さん」が必ずしも正社員かということもなく、

様々な事情で派遣社員をやっているということも珍しいことでは無いのかもしれません。

 

 

派遣先で出会ったお父さんがたは

ぼくにとってはおおむねいい人でした。

 

 

子どもという共通の話題もあるので

職場内ではぼくにとっては打ち解けやすい人ということになります。

 

 

そんなお父さんがたと接していて

いい意味でも悪い意味でもやはり考えかたは人それぞれ違うということを感じます。

(もっとも万人に対して言えることですが)

 

 

指導なのかパワハラなのか。それともいじめなのか。

職場での教育方法については

パワハラなのか指導なのかと言う線引きが微妙な場面が多々あります。

 

 

はたから見るとただの嫌がらせやいじめなのではないか?

と思われるような指導方法も残念ながらあります。

 

 

昔は体罰をともなう教育が正当なものとして

おこなわれていたこともあるでしょう。

 

またそれに対して歯を食いしばって耐えることが

美徳とされていたことが時代によってはあると思います。

 

 

ぼくが過去に経験した職場では指導とは呼べないような

「無視」「本人に聞こえるような陰口」

などの陰湿ないじめのような“指導”も存在していました。

 

 

仕事ができないので陰湿ないじめをする

ぼくが前にいた職場に

人よりも少し仕事ができない40代ぐらいの男性がいました。

 

 

その職場は体育会系の指導や仕事ができない人間はクズというような

仕事ができない人に対するあたりが厳しい空気がありました。

 

 

業務の習得スピードに差があるのは仕方のないことで、

指導方法を変えたりやりかたを工夫したりできることが多々あるとと思います。

 

 

しかし、その職場で起こったことは

その人の仕事の出来なさに対する陰口を言ったり

冷たい態度で当たったり

というような低レベルなことでした。

 

 

客観的に見てそのやりかたでは

仕事ができるようにはならないだろうというのは明白でした。

 

 

これらの間違った指導について

働くお父さんがたと「あのやりかたは間違っている!」と憤慨したことがあります。

 

 

しかし、そのうちぼくがよく話すお父さんがたも

その仕事のできない人をめんどうがって遠ざけるようになり

その人は孤立してしまいました。

 

 

指導方法が間違っていると憤慨していたにもかかわらず

自分たちがとった行動も間違っているかもしれないということに

気づいていないのです。

 

 

ぼくはその人に会えば声をかけたりしていましたが

他のお父さん行動を咎めることは特にしませんでした。

 

 

なんだか自分が偽善者のような傍観者のような感じで情けないような気がしました。

 

 

その男性はほどなく職場を去っていきました。

 

 

いじめを無くすためにできること

この現場で一番ダメなのは無視などの間違った指導方法ですが、

もう一つダメだと感じたのはお父さんがたの行動についてです。

 

気づかずにいじめの原因をつくっていることもある

ぼくは子どもの頃、いじめを受けていた時期があるので

もしかしたらいじめを受ける側の気持ちを敏感にとらえるところがあるのかもしれません。

 

 

ぼくはこの経験から

本人に自覚は無いけど結果的にいじめになっている

というケースが多く存在するのではないか

と考えるようになりました。

 

 

お父さんがたの善悪の判断基準もあいまいで

これまでの経験や価値観に左右されています。

 

 

そんな大人が自分の子どもに対して教育をおこなうのです。

 

 

お父さんの行動もまた一歩間違えれば

潜在的にいじめの原因を作ってしまっているような気がしてならないのです。

 

いじめの解決はかんたんなことではない

ぼくがこの記事を書いたのは

学校でのいじめが問題になると学校の対応などがクローズアップされるけど

それだけでは解決には至らないだろうと感じたからです。

 

子どもの社会の中で主な原因を追究していくことに違和感があるのです。

 

 

ぼくは先ほどの例でお父さんがたの行動が正しいとは思えないにもかかわらず

傍観者に成り下がってしまいました。

 

 

なぜでしょうか?

 

人間関係が壊れるのが嫌だったのでしょうか?

会社の中で孤立するのが嫌だったのでしょうか?

 

 

後で冷静によく考えてみた結果、

どれも失っても対したことは無いと思いました(笑)

 

 

なんとなくこれまでの経験から孤立を避けて

他者に同調しようという意識がはたらいたのだと思います。

 

 

ぼくはその後、その職場では一匹オオカミと自分に言い聞かせて

単独行動をすることを選択しました。

 

 

それでその職場にいづらくなっても対したことではないと思えたので

自分が間違いと感じていることからは距離を置こうとしました。

 

 

あんたら間違ってるよ!と言えるとこまではできてないので

ヘタレなやつなんですが。。

 

 

まとめ

ぼくが子どもをもつお父さんがたに言いたいことは

子どもにやってほしくないことは自分もやってはいけないということです。

子どもがそばで見ていても恥ずかしくない行動をとってほしいということです。

 

 

学校でいじめにあっている子に言いたいことは

学校という閉ざされた世界にいると

そこが全てで逃げられないような気がするけど

そんなことはないということです。

 

 

命を絶とうというほどに追いつめれれているなら

そこから逃げてほしい。

とても大変かもしれないけど。

 

 

たぶんそこにいる人たちやその親が狂ってるのだろうし

たまたまその場所がフィットしなかっただけかもしれないから。

 

 

ぼくは派遣という立場で

会社にしがみついているわけではないから無責任に言えることかもしれません。

 

でもほんとにそう思うのです。

 

それでは。

ABOUT ME
くるぶし
くるぶし
低収入生活を強制実施中。ローコストライフなんてこじゃれた呼び名のものではありません。生活がマジでやばいときもありますが楽しくコスパのよい生活を目指して日々なんとか生きてます。いろいろ気にしすぎてハゲたりもしたけどなんとか元気です。気にしすぎて悩んだことをせっかくなので記事にしてます。