自転車

【電動自転車】片道10キロの通勤に使用してみて感じたこと

【電動自転車】片道10キロの通勤に使用してみて感じたことまとめ

住宅購入を機に駅から少々離れたところに引越しをしました。

困ったのが通勤手段です。

 

今の住まいから駅までは10kmちょっとあります。

片道10km…しかも毎日のこととなると流石にしんどいと感じます。

 

 

そこで「電動自転車」です。

 

これまでも坂道で立ち漕ぎする私を横目にスイスイ登っていくのを見て内心「いいな」とは思ってました。

通勤手段として必要に迫られ検討し購入に至りました。

 

 

今回はこれから購入するかたの参考に実際どうだったかを記事にまとめてみました。

 

この記事はこんな人におすすめです

  • 電動自転車を通勤・通学に検討しているので情報がほしい
  • 普通の自転車と比較して高いので、買う価値があるのか参考にしたい
  • 雨の日は大丈夫??など困ったことを知りたい

移動手段の条件を考えてみよう

10キロの移動となると結構な距離なのでバイクという選択肢もありますよね。

まずは自分が移動手段に求める条件を考えてみましょう。

 

 

私が求めるのは次の条件です。

  • 気軽に乗れる
  • 維持費が安い
  • 初期費用が安い
  • 片道10キロくらいまでの移動に使いたい

 

電動自転車は初期費用は高いという条件は×ですが、それ以外の「気軽に乗れる」「維持費が安い」「片道10キロくらいまでの移動に使いたい」という条件はクリアしてます。

 

自転車は駅の駐輪場代も安いです。

 

 

バイクも検討したのですが税金やガソリン代など維持費の面でNGかなと思いました。

あと、バイクはヘルメット必須な点が気軽ではないと考えています。

(自転車も安全面でヘルメットはかぶったほうがいいのでしょうが…)

 

 

電動自転車は購入するところを何とかがんばればOKということですね。

 

 

自分の条件が「10キロの移動をとにかく楽に!」という結果だった場合はバイクや車も検討するのがいいと思います。

 

 

通勤に使用してのメリット・デメリット

結論ですが「電動自転車は買ってほんとうによかった」です。

電動自転車は漕ぐのが楽で自分の想像を超える快適さでした。

 

普通の自転車だと10キロの移動はキツイと感じてたのですが電動だと余裕です。

感覚としてはバイクと普通の自転車の中間くらいの乗り物だと感じています。

 

 

とはいえ実際に使用してみてデメリットに感じるところもあります。

メリットと合わせてまとめてみました。

 

使用してみて感じたメリット

電動になったことでの一番のメリットは体の負担が減ったことです。

 

自分の変化を客観的に見て面白いと感じたのが

移動を負担と思わなくなったので移動を楽しむようになったということです。

 

これまでは車で行っていたスーパーでも荷物が少ないなら自転車でもいいかなと思えるようになりました。

 

以下、メリットです。

  • 長い距離を移動したときの疲労が少ない(通勤で疲れない)
  • 坂道が苦では無くなる(町が平たんに思える)
  • これまでよりも行動範囲が広がる
  • 気持ちに余裕ができるので移動を楽しめる

 

通勤については、私の環境だと10キロの中で2キロくらいが急な上り坂なのですが、坂が嫌ではなくなりました。

 

とは言えスピードは落ちるので、それも考慮すると平均時速20キロで移動する感じです。

ロードバイクに乗ってる人には抜かされるくらいの速度です。

 

信号の影響にもよりますが10キロをだいたい30~35分で移動してます。

 

 

それから、車では行きにくいところに気軽にいけるのもいいですね。

行動範囲が広がったので、家の近所でちょっと気になっていたお店や史跡などに行きやすくなりました。

 

 

まめ知識:電動アシストについて

電動アシスト自転車は時速24キロに達するまで電気の力でアシストしてくれます。

時速何キロまでアシストは効きますか?

参照:時速何キロまでアシストは効きますか? YAMAHAホームページより

 

 

そこそこの速度で漕いでれば概ねアシストを得ることができます。

 

 

使用してみて感じたデメリット

私がデメリットに感じるのは以下の点です。

  • 雨の日の移動がつらい
  • 充電切れを気にしなくてはいけない
  • 普通の自転車に比べ初期費用がかかる

 

雨の日や悪天候時の移動が辛いのは電動自転車に限らないことですね。

2輪なら仕方のない部分です。

 

雨の日用にカッパ等の対策やバスなど代替えの移動手段を準備しておく必要があります。

 

 

私の住む地域では、雨の日の道路の渋滞が酷いのでバスの到着時刻があまりあてにならずカッパを着て自転車で通勤することが多いです。

 

カッパを脱ぎ着する時間分が余計にかかるし嫌なのですが、自転車の移動は時間が読みやすいので焦らなくて済みます。

 

 

ちなみに電動自転車は雨の日の使用も問題ないようです。

参照:雨の日でも乗れるの? YAMAHAホームページより

 

 

 

充電の問題は電動自転車ならではですね。

忘れてしまうと次の日の朝大変なことになるので気をつけなければいけません。

 

電池残量持たないかな…というときには「エコモード」などアシストが少ないモードに切り替えて使用すればなんとかなることも多いです。

 

もっとも、最悪電池が切れてしまっても普通の自転車として走れます。

 

 

充電の手間を考えるなら走行可能距離の長いモデルを選ぶのがおすすめです。

 

 

 

初期費用は普通の自転車と比べるとどうしても高いですね。

 

電動自転車は機能が完成している感があるので、特にこだわりが無ければ型落ちモデルでも問題ないと思います。

私はたまたま安くなっているモデルをネットで見つけて割安に購入しました。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は電動自転車を10キロの通勤に使用してみて思ったことをまとめてみました。

 

 

特に通勤の面では、時間通りに移動することができるのも良い点ですね。

それから、移動の負担が少ない点。

一日の始まりに自転車で移動して、そこから仕事をしなくてはいけないので楽に移動できるというのは大切だと思います。

 

電動自転車にはデメリットもありますがそれを補っても余りある魅力を感じました。

 

 

電動アシストが効いてる間は、モーターがヒューンヒューンと音を立てるのもなんとも愛らしいんですよね~

 

試乗可能店舗が近くにあれば試してみるのもオススメです。

 

 

自転車選びの参考になれば幸いです。

それでは!

ABOUT ME
くるぶし
くるぶし
ボロ家での底辺生活経験を元に記事を執筆。節約とコスパ高いグッズ探しはライフワーク。家計が助かった節約について記事にしてます。通信系の話題、ときどき仕事や家のことも。誰かのお役に立ちますように。