住宅購入

【自己破産】手続きに向かう途中に交通事故に遭ったことで人生変わった話し

【自己破産】手続きに向かう途中に交通事故に遭ったことで人生変わった話し

どうも!みやまです。

 

以前、自己破産に関する記事を書きましたがその続きのお話です。

 

https://t-shirazu.com/jikohasan1/

 

自己破産ってそもそもどんな制度?どのくらい生活に影響があるのか不安なのでまとめてみた
【自己破産】そもそもどんな制度?生活にどんな影響があるのか不安でしかたないのでまとめてみたどうも。みやまです。 もう2年前の話になりますが家計がどうにも回らなくなり 弁護士のかたに相談したことがありました。...

 

 

あ、過去記事のリンク貼り付けてて思いましたが

家族がいるのに月収10万円って結構クソだなと思いましたw

 

 

男がしっかりしないと苦労するのは嫁ですねぇ。。

 

 

 

まずはこれまでの状況を軽く整理すると・・・

  • 生活費が全然足らずにリボで決済→借金が数百万あることが発覚
  • 弁護士に相談も結論は自己破産一択
  • 話し合いの結果自己破産手続きを決断

 

といった感じです。

 

 

生活費が足りないと毎月数十万円単位で借金が増えていきます。

それをリボ払いにすると、雪だるま式に借金が増えていきますね。

計画性の無いリボ払いは絶対ダメです。

 

 

ちなみに借金の額は軽自動車が買えるくらいの額です。

人によっては少額なんでしょうけど...こんな額でも自己破産をしなければいけないだなと思いました。

自分の力の無さやら無計画さやらを痛感した瞬間でした。

 

 

いろいろな人生を見てきたであろう弁護士の先生の結論も

自己破産一択ってのもとどめを刺されたような思いでしたね。

 

 

 

今の生活に至るきっかけは、震災後住むところがなくなって

「家族のために安心して住める家を!」と決意して転職を選択したことなんです。

 

 

家族を幸せにしたいという選択のはずなのに…

 

 



自己破産の続きをしに行く途中に交通事故に遭った

 

法律事務所へ自己破産の手続きをしに行く日が決まりました。

 

 

夏の暑い日でした。

仙台はちょうど七夕祭りの期間。

 

 

仙台の街なかはお祭りムードでいつもよりも賑わっていて

その対比がまた辛い...!!

 

 

子どもを灼熱の我が家へ置いていくわけにも行かないので

自己破産の手続きは家族みんなで行くことになりました。

 

 

できればみんなで行きたく無いイベントですね(汗)

 

 

もちろん子どもはなにも知りません。

 

 

 

いつもの通りなれた道。

駅前が近くなるにつれ交通量もやや多くなってきました。

 

 

見通しはいい道路です。

交差点に差しかかる直前で車の間をすり抜けてきたバイクが助手席側に見えました。

 

 

 

えっ!?わっ危ない!ぶつかる!

 

 

 

そう思った次の瞬間…

 

 

グシャっという嫌な音

 

 

車の側面にバイクが突っ込んでいました。

 

 

 

ーー

急ブレーキをかけようにも

視界に入った瞬間ぶつかったのでどうすることもできませんでした。

 

 

 

嫁はかなり動揺していました。

 

 

 

今から自己破産の手続きをしに行くだけでも大変な状況なのに、

普段遭遇しないような事故が起こって感情がぐちゃぐちゃになったんだと思います。

 

 

 

幸いケガはなかったものの…

 

嫁と子どもには怪我はありませんでした。

ぼくも無事。

 

 

幸いバイクのかたも無事でした。

よかった。

 

 

 

弁護士のかたとの約束の時間があったので、

ぼくが警察や保険会社と現場で事故対応をするために子どもとその場に残り

嫁は電車で仙台駅前まで移動することになりました。

 

 

 

バイクのかたは若い人でやっぱり動揺している様子でした。

でもいい人だったので話し合いはスムーズに進みました。

 

 

 

嫁は法律事務所へむかったものの

動揺がひどくてちゃんと話すことができなかったそうです。

 

 

 

 

結果、自己破産の手続きは日を改めましょうということになりました。

 

 

 

事故が起こったことを転機と捉えて考え直した

 

事故に関してはほぼもらい事故なので

結果的には9:1くらいの割合で話が進むことになりました。

 

車の事故は何度か経験していますが、何度経験しても嫌ですね。

話し合いがまとまってあとは車の修理かという段階でようやく一息といった感じです。

 

 

 

事故に遭ったことをきっかけに、

手続きをする日が延期になったので嫁ともう一度話し合いをすることにしました。

 

 

弁護士の先生は家計や仕事の状況から自己破産一択の提案だったけど...

 

 

 

二人で頑張ればなんとかなるんじゃないかな?

 

 

 

と、なんか前向きな気持ちに切り替わっていました。

 

 

 

自己破産ではなく任意整理をすることに

 

再度、弁護士のかたに相談をして

自己破産では無く任意整理の手続きで進めることにしました。

 

 

任意整理

任意整理とは、弁護士が法律のもと、債権者と交渉して、出資法、利息制限法で計算し直し、債務不存在(既に債務が無い)、不当利得返還請求(不当な利息を返してもらう)、過払金返還請求(払い過ぎた利息を返してもらう)等の方法を用い、正当な残債がある場合は、合意和解の上、無理のない一括、分割返済をしていく法的手段です。

参照元:イストワール法律事務所

 

 

実は相談の時に任意整理の提案もあったのですが

家計などを見ていった結果、毎月の返済が難しいだろうという事で

一度は却下となった方法でした。

 

 

ちなみに、任意整理のメリット・デメリットはこちらです

 

 

Tips:任意整理のメリット・デメリット

 

任意整理のメリット

  • 過去に払い過ぎている利息を元本に充当して債務を減らすことができる
  • 裁判所は関わらないため手続きが比較的容易
  • 官報に載らない
  • 職業制限、資格制限が無い

 

 

任意整理のデメリット

  • いわゆるブラックリストに掲載され借り入れが5年間できなくなる
  • 借金の残高が免除されるわけではない
  • お金を貸した人(債権者)が任意整理に応じないこともある

 

 

デメリットにあるような、任意整理に応じない債権者というのは

今回はいなかったようでスムーズに話がまとまりました。

 

 

あとは決められた金額で決められた期間返済をしていくのみです。

 

 

 

まとめ:任意整理をしてみて

 

冒頭にも記載したようにこの話は約2年前のものです。

 

 

その後、嫌なコールセンターを辞めることなくコツコツ働いています。

定額の収入があるのはありがたいことですね。

 

 

コツコツ返済を続けてもう少しで完済といった状況です。

 

 

 

もちろん派遣の収入だけでは返済できないので

この間に、ネットでの物販にも挑戦して

運よく売り上げを上げることができました。

 

なんでもやってみるものですね。

このブログもなにかにつながればと始めたものです。

 

 

 

 

ちょっとスピリチュアルな話というか…

ぼくはこれまで人生の中で大事な選択を迫られたときに

大きな力で無理矢理引っ張られるという経験をしたことが何度かあります。

 

 

 

今回の事故も起こった瞬間から違和感を感じていました。

こんなこともあるか〜と受け流せないような変な感覚です。

 

 

事故を「偶然」と捉えるか「転機」と捉えるか。

転機と捉えて前向きに取り組んだことでうまくいったと思っています。

家を買うこともできたし!

 

 

振り返って思うのは

安易に否定や批判をせずになにかのきっかけと思って前向きに考えることです。

 

そして、家族のためにというところがブレ無ければ

道は開けると思っています。

 

 

困難な状況でお困りのかたはとりあえず行動することをおススメしす。

状況に変化が出たり次のステップのきっかけになることがあります。

 

 

それでは!

 



 

ABOUT ME
くるぶし
くるぶし
低収入生活を強制実施中。ローコストライフなんてこじゃれた呼び名のものではありません。生活がマジでやばいときもありますが楽しくコスパのよい生活を目指して日々なんとか生きてます。いろいろ気にしすぎてハゲたりもしたけどなんとか元気です。気にしすぎて悩んだことをせっかくなので記事にしてます。