iPhone・電動自転車・住まいのこと | ローコストライフ実践ブログ

【どきどき】初めてハウスメーカーへ見学に行ってきたよ

2019/05/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
みやま
一日のほとんどを会社で過ごし家族と関わるのは休みの日だけという生活に違和感を感じ、人生を変えたいと奮闘中。派遣生活も3年目に突入。ストレスなのか、歳のせいなのか薄毛も気になる今日この頃。ブログ内容は、派遣の仕事、住まい、移動手段、子育てなどを中心に書いています。
詳しいプロフィールはこちら

どうも。みやまです!

 

前に住宅展示場に行った際に

金銭面でネガティブな思いをしたことがありました。

 

住宅展示場に行ったら「出直してこい」という対応だった話

 

簡単に言うと「仕事をなんとかしてからまた見にきてね」

というニュアンスの話をされたということです。

 

 

お金も無いのに来店している訳なので、

そんなこともあるのかなとも思いましたが…

 

 

それ以来新しい住まいを探すことになんか積極的になれずにいました。

 

 

でも家問題をなんとかするために動き出したんです!

ついに重い腰を上げてハウスメーカーに相談に行ってきました。

 

 

 

忙し過ぎてこの件に触れていなかったのですが、

今回の話はちょうど昨年の9月頃の話になります。

 

 

ぼくが今、家がほしいと思う理由

ぼくが今、家がほしいと思うのは次の理由です。

 

・現在の住まいが古すぎて限界

 

・虫多い、見たことない形の虫もいる。カビもヤバい!

 

・来春子どもが小学校に入学するので、引越しが必要ならタイミング的に入学前がいい

 

 

一番は家が古すぎるという問題ですね。

 

 

カビなどの健康被害も心配ですが

建物の老朽化がかなりキテるので地震がきたらやばいよな

、、というのはかなり感じます。

 

 

一家の主人としてこんな家に家族を住まわせているなんて・・・という気持ちもあります。。

 

 

ハウスメーカーに直接行ってみた

予算の件はさておいてとにかく情報を集めるために動き始めました。

 

子どもの小学校入学に間に合うのかタイミングはぎりぎり。

昔からかなりのスロースターターなんです(汗)

 

 

お金ことはよくわからないからと何冊か住宅ローンについての本も読み始めました。

 

 

前回、住宅展示場では3,000~4,000万円くらいの住宅メーカーの家を見ていたのですが

今回はぐっと価格を下げて

1,000万円を切る値段から住宅が買えちゃうメーカーさんに行ってみました。

 

 

とはいえ、派遣を絶賛継続中なのであいかわらずお金はそんなにありませんw

 

 

情報収集が主な目的なので

家からまあまあ近いハウスメーカーさんに行ってみることにしました。

(仮にアップルホームとでもしておきましょう)

 

 

まずはモデルハウスを見せてもらうことに

家を見に行くというのはなんか緊張するもんですね。

やはり予算の部分で不安があるからなのかなぁと自分では思います。

 

高い買い物なのに、お金が無いということに後ろめたさを感じているし、

派遣の分際で家なんか見に来ちゃってすんません(汗)って感じで

かなり卑屈になってる気持ちもあります。

 

 

家を買うことに対するリスクというか、

やはり仕事をなんとかするべきではないのかという気持ちも感じています。

 

 

今回は特に予約もせずに嫁と二人でふらっと来店してみました。

 

 

ぼく「あ、あの、家を見せていただきたいのですが・・・」

 

受付さん「いらっしゃいませ!ご見学ご希望ですか?少々お待ちください」

 

(予約もせずに来店したので、対応できる営業さんがいるか確認しに行ってくれた)

 

受付さん「あいにく現在対応できる担当がいないので、よければモデルハウスを見学しますか?」

 

 

 

 

おや?

感じがいい。

 

 

 

 

住宅展示場ではまったく歓迎されなかったぼくをあたたかく迎えてくれました。

まあ、まだ金の話しとかしてないからなw

 

 

モデルハウスは3棟あって価格が安いものから順番に見行くことにしました。

一番安いので1,000万円くらい。高いので1,500万円くらいでした。

 

 

モデルハウスの清潔感にテンションあがる

一番価格の安いモデルハウスから見せてもらうことに。

 

 

「ぐぅ..き、きれいすぎる...!!」

 

 

 

モデルハウスだからきれいなのはあたりまえなんだけど、、

ローコストとは言っても今の住まいと比べると立派すぎる感じさえしました。

 

 

カビの無いキッチン

寒くなさそうなお風呂

明るい光が入る窓

ジメジメしていないリビング

 

 

 

 

 

あぁ、こんな家いいなぁ。

 

 

 

 

まさにハウスメーカーさんの思うツボですね。

 

 

広くはないけど今の住まいよりは倍くらい広い。

 

つくりもしっかりしてる。
話しを聞くと東日本大震災でも倒壊した家は無かったとのこと。

 

 

最底辺の家に住んでいるのでモデルハウスなんて見せられたら

「いいなぁ」と感じるのはあたりまえだと思うけど、

なんか・・・

家族の喜ぶ顔が見えた気がした。

 

 

嫁も楽しそうだったなぁ。

 

 

いよいよ営業のかたと話しをすることに

モデルハウスをみていると営業のかたが空いたとのことで

いよいよ詳しく話しを聞いてみることに。

 

 

席に案内されてコーヒーをいただきます。

 

ふぅ、、。

 

 

ぼくにとってはここからが面接のように感じる時間です。

 

 

みやたさん「おまたせしちゃってすみません!営業のみやたと申します!」

 

ぼく「突然すみません。よろしくお願いします。」

 

 

営業のかたはとても明るいかたでした!

 

ぼくは人見知りも激しいし、人に気をつかう分

人の印象に敏感だったりします。

 

 

 

みやたさんの第一印象はとてもよかったです。

 

ちょっと安心しました。

 

 

家の説明をかんたんにしていただき
やはりというか、予算のことに話が移りました。

 

 

みやたさん「失礼ですが年収はおいくらくらいですか?」

 

ぼく「300万円弱です」
(ほんとうは240万円くらい。なぜか微妙な見栄を張るのが悲しい)

 

 

 

ぼく的には急に歯切れが悪くなっていく感じですねw

 

 

 

無理です…みたいな反応になるのかなぁとどきどきしていると、、

 

 

 

みやたさん「う~ん、なんとかなるんじゃないかな。ローンの審査してみますか?」

 

 

 

 

ん?
断られない。

 

 

 

 

断られない衝撃。

 

 

 

 

てっきり営業さん苦い反応になって、帰宅させられると思ってたのに。

 

 

目的達成

今回はローンの審査は行わずに一旦検討しますという事にしました。

 

 

情報収集という目的を達成したのと、

ここまで書いておいて実は土地が無いんですよ。

 

 

正確には買える値段の土地がない。

 

 

震災後、土地はすぐに売れてしまうし

あってもべらぼうに高い。

 

 

 

ハウスメーカーさんが前向きに相談に乗ってくれても
土地が無いんじゃ家が建てられないですよねぇ。

 

 

ハウスメーカーさんにて知ってる土地はないかと聞いてみたけど

やはり情報がないとのこと。

 

 

 

時間的にも土地を探して、ハウスメーカーを決めて家を建てるというのはしんどいかなとも思いました。

 

 

ハウスメーカーに行ってみたまとめ

金銭的にはポジティブな反応だったので

家を購入することを前向きに検討していこうと嫁と話をしました。

 

 

今回見たアップルホームさんはとてもよかったものの

現実的には建売なら土地もついてるから土地を探すことも無いし、

ほかにも中古の住宅というのも検討しようということになりました。

 

 

新しい家に住み替えたいと思ったら

まずは行動しなきゃダメだと思いました。

 

 

それでは!

この記事を書いている人 - WRITER -
みやま
一日のほとんどを会社で過ごし家族と関わるのは休みの日だけという生活に違和感を感じ、人生を変えたいと奮闘中。派遣生活も3年目に突入。ストレスなのか、歳のせいなのか薄毛も気になる今日この頃。ブログ内容は、派遣の仕事、住まい、移動手段、子育てなどを中心に書いています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 明日がくるのが楽しみですね , 2019 All Rights Reserved.