iPhone・電動自転車・住まいのこと | ローコストライフ実践ブログ

よいハウスメーカーを選ぶ条件とは→営業さんのスマホ画面が割れていないこと!?

 
よいハウスメーカーを選ぶ条件とは営業さんのスマホ画面が割れていないこと!?
この記事を書いている人 - WRITER -
みやま
一日のほとんどを会社で過ごし家族と関わるのは休みの日だけという生活に違和感を感じ、人生を変えたいと奮闘中。派遣生活も3年目に突入。ストレスなのか、歳のせいなのか薄毛も気になる今日この頃。ブログ内容は、派遣の仕事、住まい、移動手段、子育てなどを中心に書いています。
詳しいプロフィールはこちら

どうも!みやまです。

 

家探しのお話です。

前回わりと条件にぴったりくる建売物件を見つけたところまでお話ししました。

 

【家探し】建売物件で掘り出し物を見つけるには?

 

建売の話も進めつつ、

並行して土地とハウスメーカー巡りもまだまだ行なっています!

 

とにかく素人なので、家を見たり本を読んだり情報が必要だと思っています。

情報が無いと色々な判断ができないですからね〜

 

 

ハウスメーカーは予算的にローコストの住宅メーカー中心に探しています。

 

今回は割と全国展開もしているメーカーさんへ見学に行ってきましたよ〜

 

 

モデルハウスの窓が開かない!?

今回見に行ったメーカーは…仮に「メロンホーム」とでもしておきましょうか。

 

 

来店すると営業さんがモデルハウスまわりの清掃をしていました。

 

 

 

「モデルハウスを見たいんですけど…」

 

 

思い立って突然の来店でしたが手を止めて丁寧に出迎えてくれました。

 

 

 

夕方の時間に突然おじゃましたので

ちょこっと見せてもらって帰るつもりでの来店でした。

 

 

さっそくモデルハウスを見せてもらうことに。

自分たちで見ようと思ったら付いて回ってくれるんですねw

 

 

 

「ん?窓開かない」

 

「ここの窓ってどうやって開けるんですか?」

 

 

 

縦滑り窓とか使ったことないと

微妙に開けかたがわからなかったりしませんか?

 

ぼくだけでしょうかw

引き違い窓しか使ったことないw

 

 

 

 

「あれ!?開かないですねぇ」

 

 

 

ついてくれた営業さんもわからない様子w

 

 

 

「いや、実は1週間前に異動してきたばっかりなんですよね」

 

 

 

おお...

 

 

 

流石に全国展開しているハウスメーカーさん。

やはり転勤あるんですねぇ。

大変だなぁ。。

 

 

 

まあ、それなら操作に不慣れなのもしかたないのかなと思いました。

 

 

 

モデルハウスはかなり作りがしっかりしてました。

子どもも連れて行ったのですがここのモデルハウスは

秘密基地的な収納もあって子どもは面白がっていましたw

 

 

買いたい気持ちが先か?予算が先か?

次に営業所内で住宅の特徴を展示のサンプルをもとに説明してくれました。

 

その住宅メーカーの家はどんな特徴があるかという部分の説明です。

 

 

ぼくにとってはそのメーカーを選ぶ判断材料になるので重要なことですが、

この説明の前に予算の話を先にされることもまあまあ多いんですよね〜

 

 

 

売る側からすると

「ほしいの?お金あるの?」

ってとこが重要なんでしょうけど

 

 

 

買う側からするとまずは

「どんな商品なんですか?」

ってとこから知りたいのです。

 

 

お金が無いと買えないのもよくわかります。

 

でも家のことを知って、欲しいと思う家に出会いたい。

買えないのなら将来的にいつ購入できるのか目標設定に役立てたい。

 

 

 

だから、今回最初にじっくりと家の特徴の説明をしてくれたのは

とても納得感がありました。

 

 

ハウスメーカーを選ぶ時にチェックしたい3つの項目

家の特徴はよくわかったので

次にぼくが知りたいのはそのハウスメーカーから買いたいかどうかという点です。

 

 

 

ぼくが確認したのは、次の3点です。

 

  • 担当営業さんや働くスタッフの仕事をしている様子や雰囲気
  • 営業さんが疲れていないか
  • 会話をだいたいで進めていないか

 

 

ローコストのハウスメーカーさんということで

 

予算の話をしてもなんとかそれに合わせた家づくりを提案しようとしてくれました。

派遣社員、ここでも断られなかった!

 

 

 

しかしながら、話をしていてとにかく営業さんが疲れていたのが気になりました。

 

 

 

 

…結果的に検討するということにしたのですが

「夜中でも出られるんでいつでもお電話くださいね!」

 

 

って言った営業さんの顔がとても疲れていて

しかもいつでもかけていいというその手元のスマホの画面がバキバキに割れていて…

 

 

ヒィッ...!

 

 

ってちょっとなりましたw

 

 

 

まとめ

こちらのメーカーさんは、後日お電話で正式にお断りをしました。

 

 

コールセンター勤務のぼくはシフトによっては帰りが遅く

会社を出て22時近くにかけてみたのですが、

 

営業さん…

 

 

「はぁい」

 

 

ってな感じでめっちゃスイッチオフでしたw

 

 

 

 

あぁ、、

「いつでもかけていい」って鵜呑みにしちゃいけないんだなと思いました。

 

 

そもそもお客様の電話を夜中でも取らなきゃいけない仕事って

かなりきつい気がするなぁと後で思いました。

 

 

ぼくは電話の仕事だからなのか

コミュ障だからなのか人の微妙な雰囲気をよく感じ取るのです。

 

 

 

まとめとしては、

ハウスメーカー選びで営業さんや営業所を見て

微妙な雰囲気を感じたら慎重に判断しましょう!

ってことです。

 

 

購入した後にトラブルがあっては大変ですからね〜

 

 

それでは!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
みやま
一日のほとんどを会社で過ごし家族と関わるのは休みの日だけという生活に違和感を感じ、人生を変えたいと奮闘中。派遣生活も3年目に突入。ストレスなのか、歳のせいなのか薄毛も気になる今日この頃。ブログ内容は、派遣の仕事、住まい、移動手段、子育てなどを中心に書いています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 明日がくるのが楽しみですね , 2019 All Rights Reserved.