働くこと

コールセンター求人に応募するときにチェックしたい5つのこと

コールセンターの求人はよく出ていますが

どういう基準で選べばいいのでしょうか?

 

 

ぼくの今のお仕事はコールセンターです。

この春で3年目に突入しました。

 

 

昔から電話がとにかく苦手だったのですが

なんとか選択に恵まれて働くことができています。

続いていることに自分でも驚きです。

 

 

今のコールセンターに勤務する以前にも、

いくつかのコールセンター勤務をしたことがありますが

 

全然合わないとこだと

10日で辞めたってこともありました。

 

 

こんな記事も書いたけど必要な時にはしっかり逃げてるわけです。

仕事がつらすぎても逃げられない!そのとき実践した4つのこと
仕事がつらすぎても逃げられない!つらいとき実践した4つのこと4月、新入社員のかたは新しい会社での生活がスタートしたところでしょうか。 ぼくは2年前の今ごろ... 正社員での仕事...

 

 

コールセンターって体育会系の

「気合で乗り切る!」みたいな人や

「さらっと器用にこなしちゃう人」もいるけど、、、

ぼくは話すことへの苦手意識が超絶高いので

職場の選択が超重要です。

 

 

求人に応募するときにチェックしたい5つのこと

この記事にたどり着いたということは

コールセンター求人に応募しようか迷っていたりしますか?

 

 

デスクワークだし、勤務地がちょうどよかったり

時給が高めなのでやってみようかなと思っていたり

…迷う理由はいろいろあると思います。

 

 

そこで、電話が超絶嫌いでもまあまあ続けることのできる

コールセンター求人の選びかたをお伝えしたいと思います。

 

そもそも電話が超得意な人は読まなく大丈夫です☆

 

 

1.お客様に案内する内容に少しでも興味があるか

毎日繰り返しお客様にご案内する内容は

少しでも興味があることのほうがいいです。

 

例えば、

内容が専門的すぎて意味がわからないとか

興味がなさすぎる分野で話してて辛すぎると

一日の時間がかなり長いと思います。

 

 

興味がある分野の案内なら

そもそも何について言っているかわかる!

という基礎の上に戦えるので断然有利です。

 

 

また、スキルが上がりやすいので仕事が楽になるってもあります。

 

 

もっと重要なのが

自分にとって意味のあることをやっている

という納得感です。

 

 

以前、福祉系のコールセンターに勤めたけど

自分にとっては興味が無い内容で

電話が辛いうえに働く意味も見失ってしまいました。

 

 

そうなると毎日時間が過ぎるのを待つだけなので

日々が辛くなっていきます。

 

 

これが、自分にとって興味のあることなら

業務上必要なことを調べるのは楽しいことに変わります。

 

 

2.電話を受ける、かける?

コールセンターでは業務内容が大きく以下に分かれます。

  • 受ける(受電、インバウンド)
  • かける(発信、アウトバウンド)

 

 

どちらが楽かというのは様々な意見があると思います。

 

ぼくが色々な職場でリサーチした結果ですが、

 

お客様が用件があってかけてきた

電話を受ける「インバウンド」のほうが未経験者向け

と言われているようです。

 

 

理由としては、お客様が話を始める準備が整っているから。

かける(発信)のはお客様が話をする準備が整ってないとこに

かけるから難しいらしいです。

 

 

でも、ぼくの個人的な感覚では受電(インバウンド)は苦手です。

電話が鳴った瞬間に身構えてしまうからです。

 

「プルルッ…」って着信音を聞くのがストレスなんです。

 

これについては

何年やっても一日の始まりの入電は緊張するという人はまあまあいます。

 

 

では、どちらがいいかというと

コールセンターによっては受信と発信のいいとこどりをした

電話の形態のところがあります。

 

それは、

お客様が話をする準備ができているところに電話をかけるパターン

です。

 

 

例えば…

お客様が電話をかけてきて

「担当から折り返しご連絡いたします」

となるパターンの発信業務などがこれに該当します。

 

 

忙しめのコールセンターだと

電話を受けても直ぐに対応できないのでこの対応をしています。

 

 

お客様も自分も準備ができているから話しやすい。

 

 

応募をする時に受電(インバウンド)のみなのか

発信(アウトバウンド)を行う割合もあるのか質問してみるといいでしょう。

 

 

3.1日何件電話すればいいの?

1日に何人のお客様の応対をするかってことです。

(ノルマのように指標が定められていることもあります)

 

 

この件数は案内する商品、サービス内容によって変わってきます。

 

 

簡単な案内で済むなら1日にこなす件数は多くなるし、

案内に時間がかかる内容なら件数は少なくなります。

 

 

 

また、件数はコールセンター自体の忙しさにもよっても変わってきます。

常に忙しいか、繁忙期だけ忙しいかなどなど。

 

 

 

例えば、イベント系コールセンターだと

基本暇だけどイベントの前後は超忙しいとかあるようです。

 

 

ぼくは、簡単な内容の問い合わせを1日80件をこなすコールセンターよりも

相談をじっくり聞いて1日10件程度こなすほうが自分に合ってると考えています。

 

 

じっくり話すが基本だから忙しくても自分のペースを乱されないのもいい。

その変わり話す内容も少し複雑だったり知識が必要になります。

 

 

一方、簡単な内容の問い合わせのメリットは

必要なことを話してすぐに電話を切ることができることです。

 

 

どちらが自分の性格や働きかたに合っているか考えてみましょう。

これ結構大きな選択の分かれ道ですよ!

 

 

4.どんなお客様が多いか?

客層ってことです。

 

例えば

  • 個人、法人
  • 年齢は若いか、年配の方が多いか
  • 女性、男性
  • 地域

など。

 

総合窓口だったらいろいろなお客様からかかってきます。

 

 

客層に加えて、

コールセンターの提供元企業とお客様の関係も重要。

 

 

いいお客様に支えられている企業だと

コールセンターで応対していても客層いいなぁと実感します。

 

 

価格は安いけど提供しているサービスの質も低い…

とかだと当然かかってくる電話も厳し目です。

 

 

あとは、有料窓口か無料窓口かでも違います。

 

 

体感的には有料窓口のほうが客層はいいと思います。

お金を払ってでもその会社のサービスを受けたい

という人がかけてくるからです。

 

 

5.派遣会社の対応

コールセンター求人が派遣社員向けの案件であれば

派遣会社の担当と実際に話しをしてみて違和感が無いか確認することも大事です。

 

 

派遣会社とフィーリングが合っていたほうが

仕事以外のことで困ることが少ないのでいいです。

 

 

派遣会社がまともかについては担当を見るとだいたいわかります。

 

 

担当とは事務的なやりとりで話さなければいけない機会もあるし

働きかたや職場での悩みを相談をすることもあるでしょう。

 

状況を把握してくれてて

いざというときにフォローしてもらえるというのは

安心感があるし働きやすさにつながります。

 

 

ちなみにコールセンターに勤めてみると

複数の派遣会社が入っていることもあります。

 

 

他の派遣会社からきた人に

派遣会社のいいとこ悪いとこを聞いてみるのもおすすめです。

 

 

コールセンター求人応募・まとめ

いかがでしたか?

 

もしも過去にコールセンターをすぐに辞めた経験があるなら

もしかしたらコールセンター自体が合っていなかっただけの可能性もあります。

 

 

コールセンター求人で迷っているなら選ぶ基準になれば幸いです。

それでは!

 

ABOUT ME
くるぶし
くるぶし
低収入生活を強制実施中。ローコストライフなんてこじゃれた呼び名のものではありません。生活がマジでやばいときもありますが楽しくコスパのよい生活を目指して日々なんとか生きてます。いろいろ気にしすぎてハゲたりもしたけどなんとか元気です。気にしすぎて悩んだことをせっかくなので記事にしてます。