車など

【つらすぎる】愛車との別れの前にやっておきたい3つのこと

【つらすぎる】愛車との別れの前にやっておきたい3つのこと

どうも!みやまです。

 

愛車との別れってつらくないですか?

 

 

 

ちょっと前の更新で車を手放したことを書いたのですが...

 

【車買取り】車売るなら?フリマ、オークション色々試してみた結果報告どうも!みやまです。 車検を機に車を手放すことにしました。 車検代が結構高くて...走行9万キロ台での軽自動...

 

車を手放すと決めてから

別れを意識してしまって急にさみしさを感じるようになりました。

 

 

 

どう感じるかは人それぞれなんでしょうけど

車というのは不思議なモノだと思います。

 

 

 

トヨタ自動車の豊田章男社長が「愛車」というように

愛が付く工業製品はクルマ以外にはあまりないと仰っていました。

 

 

 

ぼくも車に対しては愛を感じます。

 

 

 

ぼくの場合は

家族の一員とかペットというような感覚ではなく

 

いろいろなところに一緒に行った想い出と

連れて行ってくれたことに対する感謝の気持ち

 

による愛だと思っています。

 

 

 

日常では買い物を手伝ってくれたり

引越しの時は荷物をたくさん積んでくれたり

頼りになる存在だと感じていました。

 

 

 

車との別れに関してソニー損保調べの興味深い記事がありました。

 

車を買替えるときは、今まで乗ってきた車との別れのときでもあります。これまでお世話になった愛車との別れを惜しみつつも、感謝の気持ちを込めて送り出してあげるとき、ドライバーはどのようなことを行っているのでしょうか。

参照:ソニー損保、「2017年 全国カーライフ実態調査」

 

 

お別れの儀式や想い出づくりを行ったことがある人が42.3%

とのことで割合としては結構多いなと感じました。

 

 

 

ちなみに…うちの嫁はどちらかというと車を道具的に扱うのですが

車を手放すことを伝えたところ今回はさみしいと言っていました。

 

 

子どもが生まれたころから乗っていたので

いろんな思いがあるのかなぁ。。

 

 

 

実は前回の車とは事故で別れたので

ちゃんとお別れをすることができなくて

ちょっと後悔が残ったんです。

 

 

 

そこで今回はきちんとした別れをするために、

愛車との別れの際にやっておきたいことをまとめてみました!

 

 

 

1.車を走らせてドライブに行く

乗りなれた車はシートに座るだけで安心しますよね。

 

 

車を手放す際には「移動」ではなくドライブがしたいですね〜

 

 

・音楽をかけずに車の音を聞きながら走る

・お気に入りの道を走る

 

 

車を運転することは車とじっくり話をするということ。

 

 

そんな時間を最後に持つことができるといいですね。

 

ぼくもこの運転でいよいよ最後か…と

噛みしめながらドライブをしました。

 

 

 

2.洗車する

今までの感謝の気持ちをこめて洗車と掃除をしましょう。

 

 

洗車機ではなく手洗い洗車がおすすめです。

 

 

小石がぶつかってできた傷やサビを見つけたり、

車の塗装面に直接触れたりすることも幸せな時間です。

(車好きだけ?)

 

 

家族で乗った車ならみんなで洗車をするというのもおすすめです!

 

 

洗い残しがあったとしても

それも含めて想い出です。

 

 

 

3.一緒に写真をとる

昔乗っていた車の写真がたまに出てきたりします。

 

 

それを見るとずーっと忘れていた

その時の想い出や出来事が

ふっと頭によみがえったりします。

 

 

 

愛車との写真を何枚か写真に残しておきましょう。

もちろん自分も一緒に写りましょう。

 

 

 

何年かたって忘れた頃に写真を見返してみたら

自分がどういう反応をするのかとても楽しみですね。

 

 

 

まとめ

今回は車との別れについてまとめてみました。

 

 

書いていて感傷的になりすぎているなあとも思いましたが

自分としても記事にすることで別れについて整理することができました。

 

 

 

もっとも、普段から洗車とかもっとすればよかったなあとか

後悔もややありましたが…

 

 

 

わが家も最後にはみんなで洗車をして送り出しました。

 

 

子どもと洗車をすると途中で飽きていなくなったり

中途半端にしか洗えていなかったり大変なんですけどね(笑)

 

 

 

手放すと決めたのであれば車にとっても新たな門出のはず。

それは手放す決心をしたオーナーにとっても同じですよね。

 

 

 

ぼくは維持費の面から手放すことを決めましたが

次のステップに移るために必要なプラスの選択だったと思っています。

 

 

車を手放す予定のあるかたは

別れまでの間いっしょの時間を大切に過ごしてくださいね。

 

 

それでは!

ABOUT ME
しらず
しらず
低収入生活を強制実施中。ローコストライフなんてこじゃれた呼び名のものではありません。生活がマジでやばいときもありますが楽しくコスパのよい生活を目指して日々なんとか生きてます。いろいろ気にしすぎてハゲたりもしたけどなんとか元気です。気にしすぎて悩んだことをせっかくなので記事にしてます。