iPhone・電動自転車・住まいのこと | ローコストライフ実践ブログ

【失敗体験】室外機設置の大事なポイント!ちょっとした判断が大きな後悔につながるかも!?

 
【失敗体験】室外機設置の大事なポイント!ちょっとした判断が大きな後悔につながるかも!?
この記事を書いている人 - WRITER -
みやま
一日のほとんどを会社で過ごし家族と関わるのは休みの日だけという生活に違和感を感じ、人生を変えたいと奮闘中。派遣生活も3年目に突入。ストレスなのか、歳のせいなのか薄毛も気になる今日この頃。ブログ内容は、派遣の仕事、住まい、移動手段、子育てなどを中心に書いています。
詳しいプロフィールはこちら

どうも!みやまです。

 

家づくりの中で担当の営業さんと様々な仕様を決めていくんですが、

これがなかなか難しいですよね。

 

 

なにが難しいって家を建てたことが無いからイメージがつかなくて難しい。

 

 

実家は一戸建てだったのですが

それでもイメージつかないもんですね~

 

 

 

そんな中で仕様決めでもかなり失敗したかなぁと思うものがあります。

 

 

 

 

 

それがエアコンの設置場所です(´;д;`)

 

 

 

エアコン設置をちゃんと考えなければいけない理由

 

結露はカビの原因

 

家づくりをしていてエアコンってそんなに重要性を感じなかったのですが、

いざ住むとなると空調や冷暖房ってかなり大事なんですよね。

 

 

寒ければファンヒーターでいいかくらいに考えてたんですが

今の住宅って高気密高断熱なのでファンヒーターはNGなんですよね!

 

 

灯油に含まれる水分で結露してカビが生えるってのが理由らしいです。

 

 

ぼくはボロ家でさんざんカビに苦んできたので

カビがかなり厄介だってことはよくわかります。

 

 

...つまり

 

自分が想定しているよりもエアコンに頼ることが多く

リビングだけじゃなく、寝室、子ども部屋、、

 

 

なんなら全室エアコン設置の可能性があるってことです。

 

 

 

 

家中エアコンだらけってことは

 

室外機の置き場所を気にしないと室外機村ができちゃうよ!

 

ってことです。

 

 

 

 

室外機と配管化粧カバーはけっこう目立つ!

 

室外機村、置きかたはまあまあマシなほう

せっかく外観にこだわった家を建てても

家の周りが室外機村だと一気に見た目が台無しになります。

 

 

室外機はこういうのでまあ隠せばいいかとも思うのですが、、

 

 

 

 

問題なのは配管です!

 

 

 

外壁に設置されているもので代表的な(?)ものは「雨どい」だと思うのですが

雨どいはハウスメーカーでちゃんと外観に合うように設置されます。

 

 

 

しかし、エアコンの配管は後付け感満載で

しかもプラスチッキーなんです。

 

 

 

年数が経つと劣化していくし、設置場所を間違うと

家の第一印象がエアコンの配管すげぇ…になってしまいます。

 

出典:デイリーポータルZ・この「エアコン配管」がすごい!

 

 

 

室外機はどこに設置すればいいのだろうか?

エアコン室外機

 

ハウスメーカーにてエアコン設置も相談できるなら

室外機を目立たない場所にしたいと要望を伝えましょう。

 

 

 

子ども部屋は数年後でいいか…とか後付けを考えているなら

具体的な設置イメージを持っておくことが大事です。

 

 

では、どこに設置をすればいいのでしょうか?

 

 

1.家の裏側に設置する

 

土地の入り口から玄関までは視線にはいってくるので

それ以外の家のかげになるような目立たない場所に設置しましょう。

 

 

家の裏側に室外機が集中する場合

1階用のエアコンの配管、2階用のエアコンの配管がどこを通って設置されるかについても考えておくことが重要です。

 

 

2.2階のエアコン室外機はバルコニーに置くことを検討する

 

バルコニーがあるならそこに室外機を置くことを積極的に検討しましょう。

(ちなみにぼくが後悔しているのはこの部分です)

 

 

ぼくはバルコニーに室外機を置かない選択でエアコン設置場所を決めたので

2階にエアコン設置をする際は、外観がエアコン配管すげぇ…確定です。

 

 

 

また、エアコン設置場所が2階で室外機が1階設置の場合は

電気屋さんで提示している標準取り付け工事費無料の対象外です。

 

 

 

安いエアコンを見つけたとしても

設置をためらうくらい工事費が高いです!

 

 

 

ぼくと同じ後悔をしないようにするためにも...

バルコニーに室外機を置くことも検討してコンセント位置などを決めましょう。

 

 

バルコニーは日光や雨風を遮ることができるので室外機にとっていい環境です。

 

 

 

バルコニーに室外機を設置するとうるさいという意見もありますが

最近のエアコンは性能がいいので設置場所を工夫すれば大丈夫だと思います。

 

  • 部屋の中でのエアコンの設置場所
  • 寝るときの頭の位置
  • バルコニーの中での室外機の設置場所

 

このあたりを事前に考えておけば安心でしょう。

間取りやバルコニーはそれぞれ違うのでよ~く考えてみてください!

 

 

 

ただし、バルコニーで植物そだてたいとか、グランピングしたいとか

他で活用する予定があるならバルコニーに置くのは難しいかもしれませんね。

 

 

 

3.つくようにしかつかない部屋もある

 

元も子もないですが…

そこ以外エアコンを設置する場所は無い!という部屋もあります。

 

 

その場合は他のエアコン配管との兼ね合いを考えましょう。

 

 

また、新築時なら隠蔽配管という壁の中をエアコン配管を通す方法をとることもできます。

 

ただし、隠蔽配管はデメリットもあるようで…

 

  • 壁内の断熱材がその分削られるので断熱性能が下がる
  • エアコンの交換工事で断られるケースもある
  • 壁の中に穴が開いている状態になるのでネズミが通ることもある!?

 

などなど。

このあたりはハウスメーカーの営業さんとよく話をして決めたほうがいいでしょう。

 

 

 

まとめ

 

今回はエアコンと設置場所について

特に室外機と配管化粧カバーについて体験をもとにまとめてみました。

 

 

エアコンの設置については

新築の家に配管の大穴を開ける

というけっこうな工事だとぼくは思います。

 

 

 

設置場所については業者まかせにせずにある程度自分でイメージを持ちましょう。

また、その設置方法のエアコン工事費についても調べておくとよいでしょう。

 

 

 

ぼくは8月末の入居予定なので季節的にエアコンがまだまだ必要です。

 

 

まさにエアコンの設置も考えていたのですが、

特に希望の設置内容で取り付けを行ってくれる業者さん選びが難しいなと感じました。

 

 

珍しく事前に下見に来てくださった業者さんがいて

困ったことにハウスメーカーで可能と案内されていた配管の取り回しができないと言われてしまいました。

 

 

そうなると壁に穴を開ける場所が変わってくるし

業者さん指定の場所から配管を出すとかなり目立つ感じになってしまう…という状況でした。

 

 

 

どうしても納得ができなかったので

ネットで検索したエアコン業者さんに再度依頼をしたところ...

 

柱位置もクリアして穴を開けて希望の通りにエアコンを設置してくれました!

 

 

 

エアコンの取り付けは業者さんの経験によっても左右されるかもれないです。

 

 

 

新築に穴を開ける際に大失敗とならないように業者さんを慎重に選びましょう。

 

 

 

ぼくはエアコン本体は楽天でかなり安~く購入して

最終的には、エアコン取り付け業者さんはネットで申し込んでつけてもらいました。

 

 

 

本体価格プラス工事費となりますが

電気屋さんで購入するより2万5千円~3万円程度安くできました。

 

 

一度電気屋さんの価格と比較してみる価値はあると思います!

 

それでは!

 

 

 

エアコン取付の比較サービス


 

この記事を書いている人 - WRITER -
みやま
一日のほとんどを会社で過ごし家族と関わるのは休みの日だけという生活に違和感を感じ、人生を変えたいと奮闘中。派遣生活も3年目に突入。ストレスなのか、歳のせいなのか薄毛も気になる今日この頃。ブログ内容は、派遣の仕事、住まい、移動手段、子育てなどを中心に書いています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 明日がくるのが楽しみですね , 2019 All Rights Reserved.