われ思う

金メダリスト羽生結弦選手を見て思うこと

どうも。ハゲハケンブロガーみやまです!

 

今日、仙台で羽生結弦選手の祝賀パレードが行われました。
平昌オリンピックのフィギュアスケートで2連覇を達成したアレですね!

 

これってローカルで盛り上がってるだけ??
ちなみにこの時間仙台のTVは全CHパレードの生中継でしたよw

 

ぼくは見に行こうか迷った挙句…子ども飽きちゃうかも?って懸念と混み過ぎて見れないよね??ってあたりを踏まえて家にいることにしましたよ(汗)

 

羽生選手、遅ればせながらオリンピック2連覇おめでとうございます!

 

 

フィギュアスケートに特に詳しくも無いぼくが羽生選手を見ていて思うのは、
滑り終わった後に頭を下げて「ありがとうございました」と言ってるのがとても印象的ってこと。

ファンのかたへの感謝の気持ちも述べられてましたよね。

 

 

ケガに苦しんだ後のオリンピックということでプレッシャーも相当だったと思います。

 

 

それを思うと…ぼくの日常の中のうまくいかないことなんてのは小さなことだなぁと思ったりします。いや、比べたらいけないのか。。

 

 

いろいろなことに一喜一憂するのは自然なことだと思います。

それをどう捉えるかは自分次第。

 

 

例えば、誰かと仕事をしていて相手がミスってしまった時に、相手ができていないととるのか、それでも精一杯やってくれていてありがたいと考えるか。

 

感謝の言葉を口にすることができるようになると自分の周りにいい人が集まるようになると感じます。

 

人は自分を映す鏡と言ったりしますが、これ本当なんですね!

羽生選手が大勢のファンのかたに祝福される姿を見てその思いを強くしました。

 

 

ちなみに今日の仙台は暑かった!

直射日光にさらされる羽生くんの頭皮が心配だったからツイートしといたよ~

(TV画面の下にツイート表示されるやつw)

 

 

パレード見ようとなんと10万8千人!!

そんな大勢に祝福される人はなかなかいない。

 

 

アンチもいるけど…それ以上に愛されてるね。

これからも応援していきたいです。

 

 

あ、フィギュアスケートは特に詳しくないんだけどね!

 

 

ABOUT ME
くるぶし
くるぶし
低収入生活を強制実施中。ローコストライフなんてこじゃれた呼び名のものではありません。生活がマジでやばいときもありますが楽しくコスパのよい生活を目指して日々なんとか生きてます。いろいろ気にしすぎてハゲたりもしたけどなんとか元気です。気にしすぎて悩んだことをせっかくなので記事にしてます。